1日限定開店 日本語が通じないカフェ

①NTTドコモ(日本 通信会社)。
 1日限定のカフェ開店。
②店内装飾、メニューは外国語。
 店員も日本語が話せない外国人。
③いざというときは、
 画像、文字を認識する翻訳アプリで
 コミュニケーションも可能。

日本にいながら、
まるで日本に来た訪日外国人気分を体験。

いろんな海外の人と交流する機会が多い昨今、
言葉の壁、文化の違い…など
意思疎通の不便さを感じる機会も増加。

スムーズなコミュニケーションを
進めるためには…と、
ひとりひとりが考えるきっかけになりそうですね。

お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡ください。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. あなたに幸運を 蝶が舞う空港

  2. 触れると音と映像が変わる絵画

  3. 透過液晶ディスプレイの商品棚

  4. 視覚障がい者も楽しめる展覧会

  5. LED版のモグラ叩きゲーム

  6. ゲームコントローラーで本物のクルマを運転

  7. フォトスポットにもなるベンチ

  1. 新幹線大集合 巨大顔出し看板

  2. 水で光る落書きボード ウォーターライトグラフィティ

  3. 鶴のマークの会社では鶴がお出迎え

  4. 今度の飛行機は何色だキャンペーン

  5. 透過液晶ディスプレイの商品棚

  6. 会場までテンションを上げてくれる電車とバス

  7. 駅構内がスマホで劇場に変身

こちらも販売中

  1. 癒しの演出に「Beach Mapping」

  2. 誰でもすぐ遊べる「神経衰弱」

  3. 介護・福祉関連の販促PRに 介護タクシーメディア

  4. 呼び込みサイネージ 離れた場所からお客さまへ声かけ

  5. 社名サインに映像演出を 「COMPACT MAPPING」

  6. クルマの中も安心!ポリカーボネート製飛沫防止板

  7. 簡単にスケジュール変更 サイネージ管理システム「PSiGNAGE」