デジタルなイワシの群れが集まってくるよ〜

①違ってたら申し訳ございません。
 たぶん…
 분홍청경채(韓国 ソウル芸術大学 大学生の有志)。
 デジタルアート創作実習最終展示。
②作品名「White Flock」 (インスタレーション作品)
③トラスを組み、伸縮性のある幕を設置。
 裏側からプロジェクターで魚(イワシ)の群れを映写。
 幕に触れると魚の群れが集まってくる。

幕に触れるとイワシの群れが集まる、
不思議でカワイイ作品ですね。

Kinectの設置位置は不明ですが、

手の動き(位置)をKinectで読み、
プロジェクターにリアルタイムで反映。

また、幕も伸縮性のあるせいか、
ついつい幕を押し込むというか、
触れたくなるような感じがします。

制作チームの創作意図は
イワシの群れをなす行為で自らを守る習性で、
多様に連帯する現代の姿を描いてみようとした
…とのこと。

SDGsが叫ばれる今、
夏の親子イベントにも良さそうですね。
よりわかりやすく、その意図も伝わりそうです。

参照元:https://vimeo.com/284920566

素材・機材の提案から企画作りのお手伝いまで。
お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡くださいませ。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. 駐車違反をしていない人にはクリスマスプレゼント

  2. 距離に応じて表情が変わるデジタルサイネージ

  3. 「変なコンビニ」と看板を設置 結果売上アップ

  4. どう作るの 見てて飽きないピタゴラスイッチ

  5. ドキドキなシルエットも!? 影絵

  6. ハープの演奏に連動して輝く吊り橋

  7. 巨大でモフモフなクロネコ

  1. 道路沿いの看板が美術館に変身

  2. 「髪毛黒生駅」誕生 駅の愛称ネーミングライツ

  3. いい香りでしょ 100m先のお店へどうぞ

  4. びよ〜〜〜んと伸びる像

  5. 雪文字で あたたかいメキシコへ〜!

  6. エンジンの構造を解き明かすAR

  7. 印象も変わる 柱を液晶に LEDに

こちらも販売中

  1. VR展示会開催ツール「Xexhibition」

  2. 2面使える 名古屋高速4号線沿い 「パーク山王 屋上広告塔」

  3. 商品が空中に浮遊するディスプレイ什器「FLYvision」

  4. 姿見サイネージ 鏡の代わりに 自分の後ろ姿もチェック

  5. 切り替えは「手」を振って 非接触型のデジタルサイネージ「INFOWAVE」

  6. クルマの中も安心!ポリカーボネート製飛沫防止板

  7. 左右どちらから見ても ずーっと続く鳥居