エンジンの構造を解き明かすAR

自動車メーカーによる
ARを使った商品説明の事例を2つ。

実物を使いながら、
空気抵抗や車体の内部構造の可視化、
各種パーツやカラーリングの
変更イメージなどを体験。

とくに内部構造の可視化には
ARって、わかりやすく訴求できますね。

なお、同じような仕組みは提案可能です。
(2つとも)

【BMW(ドイツ)】

参照元:https://www.youtube.com/watch?v=6-fimPYkT2E

【フェラーリ(イタリア)】

参照元:https://vimeo.com/122505846

お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでお申し付けください。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. タックルするとビールが出てくる自販機

  2. 水で光る落書きボード ウォーターライトグラフィティ

  3. 喫煙者のそばで 咳き込む看板

  4. 大きいでしょ ウチの看板商品です

  5. タクシードライバーは3才

  6. 自分のアバターがゲームに挑戦

  7. ミニチュアカーが街を駆けめぐる

  1. 天井から人の顔が のそ〜っと飛び出る

  2. お花で季節感・イベント感をちょっと演出

  3. ヴァーチャルな運転を紙上で体験

  4. フィッテイングルームがフォトブース

  5. 移動可能な大型ショーケース

  6. タコもゴルフボールも回転する看板

  7. 空きビンと引き換えにショータイムを鑑賞

こちらも販売中

  1. 画角サイズが異なるサイネージも一括管理「P-SIGNAGE」

  2. 切り替えは「手」を振って 非接触型のデジタルサイネージ「INFOWAVE」

  3. 「非接触」でマウス操作「INFOWAVE Air TOUCH」

  4. 癒しの演出に「Beach Mapping」

  5. 社名サインに映像演出を 「COMPACT MAPPING」

  6. 常駐スタッフ不要で遊べる「勝手に遊んでサイネージ」

  7. クルマの中も安心!ポリカーボネート製飛沫防止板