来たのはタクシーではなく大型トラック

①Mercedes-Benz
 (メルセデス・ベンツ ドイツ 自動車メーカー)
②大型トラック(Actros)のPR。
③普通にタクシーを待ってる人。
 そこにはいつものタクシーではなく
 大型トラックがお出迎え。
④タクシーを待ってる人の中には
 ライバル会社の人も。
 帰り際にはパンフレットのプレゼント。

普通の人は、
なかなか乗ることのない大型トラック。

それをタクシーに…って、
サプライズで試乗にもなり、
今なら乗った記念に、写メは撮りそう!

最後にパンフレットを渡す点もいいですね。
買わないけど、、興味は持っちゃいますね。

同様のプロモーション、
日本では…法的には、どうなんでしょう?
ちょっと難しいのかな?

参照元:https://www.youtube.com/watch?v=bo9Ae-k9pCE

お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡ください。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. クルマが札幌ドームで空中散歩

  2. ドライバーの頼りはスマホの映像

  3. 万引きをしない させない 見逃さない

  4. 車両まるごとイルミネーション

  5. 天気の悪い日はお得!?

  6. 減速してね 子どもからのメッセージ

  7. まるでクルマに乗っているみたいなAR

  1. 小児がんの早期発見を呼びかけるポスター

  2. 割引率はあなた次第 チョコレートで出来たクーポン券

  3. 建物の壁面が巨大なテトリスに変身

  4. 思わずニッコリするベンチ

  5. 写メがその場でプリントされる看板

  6. ジャンケンで勝ったらタダ!?

  7. 予算30万円でド派手に イルミネーション電車

こちらも販売中

  1. 「非接触」でマウス操作「INFOWAVE Air TOUCH」

  2. 社名サインに映像演出を 「COMPACT MAPPING」

  3. 呼び込みサイネージ 離れた場所からお客さまへ声かけ

  4. 左右どちらから見ても ずーっと続く鳥居

  5. 常駐スタッフ不要で遊べる「勝手に遊んでサイネージ」

  6. 画角サイズが異なるサイネージも一括管理「P-SIGNAGE」

  7. VR展示会開催ツール「Xexhibition」