絵や写真が立体的に シャドーボックス

同じ絵を何枚も重ね、奥行き感を演出する
ペーパークラフトの1つ。

たまーに看板や
ショーウィンドウの演出に見かけます。

手軽で簡単にできそうな感じがしますが、
いえいえ、実際は難しいそうです。

立体感を…というと
最近はすぐホログラムなどデジタル系の
技術に頭が行きがちですが、

身近な素材でも、工夫次第では…。
ケースバイケースで、ご提案をですね。
それに、こっちは写メが撮りやすいかも!

お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡ください。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. 巨大こけし 立ったり横になったり

  2. 化粧室の鏡の代わりに ミラーディスプレイ

  3. 画面上の請求ボタンをタッチすると後日クーポンお届け

  4. 工夫次第でいろいろできそうなトイレ

  5. 支払いはキャッシュレスで

  6. どちらからみてもニコニコ歯医者

  7. サンタクロース型の自動販売機

  1. ドラクエのレベルアップ音が鳴る改札機

  2. 円柱型LED

  3. 自分の顔が「こけし」になっちゃった

  4. フォーミュラーカーが都内を走行

  5. 駅の柱がポムポムプリン

  6. こんなにポルシェがお似合いですこと

  7. 大きなチュー

こちらも販売中

  1. VR展示会開催ツール「Xexhibition」

  2. 商品が空中に浮遊するディスプレイ什器「FLYvision」

  3. つい飲みたくなる「ドリンクサイネージ」

  4. 左右どちらから見ても ずーっと続く鳥居

  5. 介護・福祉関連の販促PRに 介護タクシーメディア

  6. 姿見サイネージ 鏡の代わりに 自分の後ろ姿もチェック

  7. 「デジスポ」 デジタルで楽しむスポーツ7種目