あれっ、自分は映らないの?

①マジックイベントの告知。
②6枚のデジタルサイネージ。
 リアルタイム映像を流す。
 ただし、真ん中の2枚を除いて。
③真ん中2枚の前に人が立つ。
 周囲の人もつられて画面を見る。
 ただし、自分も映るはずなのに映らない。
④演者が映像に合わせて振り付け。
 (まるでリアルタイムのように)

仕掛けを知ると、なーんだって思いますが、
デジタルも、技術ではなく企画…ですね。

参照元:https://www.youtube.com/watch?v=JFl5pwwoTGE

お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでお申し付けください。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. 過去問がなくても、過去に学ぶことはできます。

  2. 頼りがいのあるクルマ

  3. プリズムと太陽光のマジック

  4. 生ビール一杯無料券のつり革クーポン

  5. やる気スイッチON!

  1. 氷でできた巨大な自販機

  2. 割引率はあなた次第 チョコレートで出来たクーポン券

  3. あっちは「いいね!」 こっちは「いいね〜」

  4. 走れ〜 走れ〜 横に長〜いLED

  5. 街なかに巨大な旅行かばん

こちらも販売中

  1. 姿見サイネージ 鏡の代わりに 自分の後ろ姿もチェック

  2. 左右どちらから見ても ずーっと続く鳥居

  3. VR展示会開催ツール「Xexhibition」

  4. 切り替えは「手」を振って 非接触型のデジタルサイネージ「INFOWAVE」

  5. クルマの中も安心!ポリカーボネート製飛沫防止板