あれっ、自分は映らないの?

①マジックイベントの告知。
②6枚のデジタルサイネージ。
 リアルタイム映像を流す。
 ただし、真ん中の2枚を除いて。
③真ん中2枚の前に人が立つ。
 周囲の人もつられて画面を見る。
 ただし、自分も映るはずなのに映らない。
④演者が映像に合わせて振り付け。
 (まるでリアルタイムのように)

仕掛けを知ると、なーんだって思いますが、
デジタルも、技術ではなく企画…ですね。

参照元:https://www.youtube.com/watch?v=JFl5pwwoTGE

お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでお申し付けください。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. 仲良しなトマトとリンゴ

  2. スティックを降ったらツリーがキラキラ

  3. 書いて時刻を表わす時計

  4. 巨大な足あと クルマも踏みつぶす

  5. 逆さまに反り返ってるクルマ

  6. 女性を褒めちぎる鏡

  7. ボールを投げると取りに行く画面の中の犬

  1. 愛媛だもん みかんミラー

  2. やる気スイッチON!

  3. 駅の壁からカバのタロー

  4. ニンニン 忍者参上

  5. 空港に着いたら忍者に変身

  6. 今日のお告げは? マドラーにひと言

  7. あっちは「いいね!」 こっちは「いいね〜」

こちらも販売中

  1. 介護・福祉関連の販促PRに 介護タクシーメディア

  2. 誰でもすぐ遊べる「神経衰弱」

  3. 切り替えは「手」を振って 非接触型のデジタルサイネージ「INFOWAVE」

  4. 「非接触」でマウス操作「INFOWAVE Air TOUCH」

  5. 癒しの演出に「Beach Mapping」

  6. 呼び込みサイネージ 離れた場所からお客さまへ声かけ

  7. 明治通りから見える巨大広告「渋谷大畠ビルボード」