あれっ、自分は映らないの?

①マジックイベントの告知。
②6枚のデジタルサイネージ。
 リアルタイム映像を流す。
 ただし、真ん中の2枚を除いて。
③真ん中2枚の前に人が立つ。
 周囲の人もつられて画面を見る。
 ただし、自分も映るはずなのに映らない。
④演者が映像に合わせて振り付け。
 (まるでリアルタイムのように)

仕掛けを知ると、なーんだって思いますが、
デジタルも、技術ではなく企画…ですね。

参照元:https://www.youtube.com/watch?v=JFl5pwwoTGE

お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでお申し付けください。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. 楽譜が読めなくても あなたは名指揮者

  2. 腕を振ると時代が進む 非接触で社史を紹介する壁

  3. つい行っちゃいそう 3つの看板でお店へ誘導

  4. ピタゴラスイッチな募金箱

  5. お寿司が回る 車が走る 空港の荷物受取所

  6. 函館へイカを食べに来なイカ?

  7. 看板がフォトスポット

  1. ジョッキっぽいドアの取っ手

  2. QBからのパスをキャッチしろ

  3. 駅の柱がポムポムプリン

  4. 氷でできた巨大な自販機

  5. 「マイカタちゃいます!」 全国の「ひらかた」率は59%

  6. あのビンの形をした巨大バルーン

  7. 紙のレコードとiPadで音楽を

こちらも販売中

  1. 「デジスポ」 デジタルで楽しむスポーツ7種目

  2. 夏の風物詩「花火サイネージ」

  3. 簡単にスケジュール変更 サイネージ管理システム「PSiGNAGE」

  4. 姿見サイネージ 鏡の代わりに 自分の後ろ姿もチェック

  5. 商品が空中に浮遊するディスプレイ什器「FLYvision」

  6. キューブ型LED 「Q-BIC VISION(キュービックビジョン)」

  7. 左右どちらから見ても ずーっと続く鳥居