あれっ、自分は映らないの?

①マジックイベントの告知。
②6枚のデジタルサイネージ。
 リアルタイム映像を流す。
 ただし、真ん中の2枚を除いて。
③真ん中2枚の前に人が立つ。
 周囲の人もつられて画面を見る。
 ただし、自分も映るはずなのに映らない。
④演者が映像に合わせて振り付け。
 (まるでリアルタイムのように)

仕掛けを知ると、なーんだって思いますが、
デジタルも、技術ではなく企画…ですね。

参照元:https://www.youtube.com/watch?v=JFl5pwwoTGE

お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでお申し付けください。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. エンジンの構造を解き明かすAR

  2. 座席によってもらえるチョコの量が変化

  3. みなのもの 籠城じゃ!

  4. ビッグなカメラ

  5. スマホの充電ができる休憩スペース

  6. 腕を振ると時代が進む 非接触で社史を紹介する壁

  7. キティといっしょに写メ撮ってね

  1. ご当地言葉でご案内のコンビニATM

  2. 写メスポットにもなるベンチ

  3. あっちは「いいね!」 こっちは「いいね〜」

  4. ピアノになった階段

  5. やる気スイッチON!

  6. すごい ドンキのPOP職人

  7. ウーマーイーツ お弁当を運ぶのはかわいいポニー

こちらも販売中

  1. 夏の風物詩「花火サイネージ」

  2. 商品が空中に浮遊するディスプレイ什器「FLYvision」

  3. 「非接触」でマウス操作「INFOWAVE Air TOUCH」

  4. クルマの中も安心!ポリカーボネート製飛沫防止板

  5. 切り替えは「手」を振って 非接触型のデジタルサイネージ「INFOWAVE」

  6. 切り替えは「顔」の向きで 非接触型のデジタルサイネージ

  7. 癒しの演出に「Beach Mapping」