あれっ、自分は映らないの?

①マジックイベントの告知。
②6枚のデジタルサイネージ。
 リアルタイム映像を流す。
 ただし、真ん中の2枚を除いて。
③真ん中2枚の前に人が立つ。
 周囲の人もつられて画面を見る。
 ただし、自分も映るはずなのに映らない。
④演者が映像に合わせて振り付け。
 (まるでリアルタイムのように)

仕掛けを知ると、なーんだって思いますが、
デジタルも、技術ではなく企画…ですね。

参照元:https://www.youtube.com/watch?v=JFl5pwwoTGE

お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでお申し付けください。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. VR-CAR クルマに乗って市内観光

  2. 欲しいものは自分でつかまえろ!

  3. 道頓堀川が回転寿司に変身

  4. 壁から天井まで LEDで囲まれた自動車のショールーム

  5. キティといっしょに写真撮ってね

  6. 壁からテーブルまで ぜーんぶタッチで遊べるお店

  7. 検索でたどりつかない、本とアイデアを。

  1. 屋内でゆったり飛ぶ 大きな飛行機

  2. レインボーなエスカレーター

  3. あのブランドも!? ペーパークラフト

  4. 山手線の車両内が陸上トラックに

  5. 巨大な「アムステルダム」

  6. タッチパネル式のクレーンゲーム

  7. ドキドキした後にはビールが1番

こちらも販売中

  1. キューブ型LED 「Q-BIC VISION(キュービックビジョン)」

  2. 左右どちらから見ても ずーっと続く鳥居

  3. 癒しの演出に「Beach Mapping」

  4. 切り替えは「顔」の向きで 非接触型のデジタルサイネージ

  5. 明治通りから見える巨大広告「渋谷大畠ビルボード」

  6. 社名サインに映像演出を 「COMPACT MAPPING」

  7. 有名喫茶店があなたの街の物産館・会社のPR館に