あれっ、自分は映らないの?

①マジックイベントの告知。
②6枚のデジタルサイネージ。
 リアルタイム映像を流す。
 ただし、真ん中の2枚を除いて。
③真ん中2枚の前に人が立つ。
 周囲の人もつられて画面を見る。
 ただし、自分も映るはずなのに映らない。
④演者が映像に合わせて振り付け。
 (まるでリアルタイムのように)

仕掛けを知ると、なーんだって思いますが、
デジタルも、技術ではなく企画…ですね。

参照元:https://www.youtube.com/watch?v=JFl5pwwoTGE

お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでお申し付けください。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. 普通サイズも巨大サイズも よく飛ぶ紙飛行機

  2. 部屋を飛び回るお猿さんと飛行機

  3. 「こち亀」でJR亀有駅を広告ジャック

  4. ビーチパラソル!?それともシェイク!?

  5. 不動産会社が試合会場の年間シートを販売

  6. 仕事を切り上げ 飲みに行こうぜ

  7. 坂道も楽々 駆けぬける迫力

  1. 気をつけないとサメに食べられちゃうよ〜

  2. 展示会場でドライブ体験

  3. 夜間だけ文字が見える看板

  4. オフィスビルの入り口をデジタルで演出

  5. 海じゃないけど、サメにご注意

  6. 単純な仕掛けで目を引くバス停広告

  7. 思わず立ち止って見入る製作過程 巨大な黒板アート

こちらも販売中

  1. 明治通りから見える巨大広告「渋谷大畠ビルボード」

  2. 夏の風物詩「花火サイネージ」

  3. 左右どちらから見ても ずーっと続く鳥居

  4. 呼び込みサイネージ 離れた場所からお客さまへ声かけ

  5. キューブ型LED 「Q-BIC VISION(キュービックビジョン)」

  6. 社名サインに映像演出を 「COMPACT MAPPING」

  7. 切り替えは「顔」の向きで 非接触型のデジタルサイネージ