荷物ではなくオジさんふたりが登場

①Jimmy Dean
 (アメリカ。食料品販売会社)
②空港の荷物受取所。荷物を待ってる乗客。
③そこへオジさんふたりが出現。
④カバンには商品(サンドイッチ)が。

驚きのサンプリング。

日本での実現は難しいそうですが、
ビックリ、大笑いのインパクト大なプロモーション。

最近、地方の空港では回転寿司を模した
シティプロモーションが多いですが、

地方の銘菓会社が、
地元の空港で、社長自ら商品PRで…とか
いかがでしょうか?

参照元:https://vimeo.com/130179129

お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡ください。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. フィッテイングルームがフォトブース

  2. 横断歩道を相手チームのカラーに

  3. プチプチしたくなるビールの広告

  4. テニスっぽいモグラたたき

  5. ハラハラドキドキ 濡れそうで濡れないブランコ

  6. 美脚な柱巻き

  7. 「真っ白ワイシャツ」でウチはお返し

  1. 元素記号表のようなコインロッカー

  2. 日本初 LED付き光る新聞

  3. プリズムと太陽光のマジック

  4. 生ビール一杯無料券のつり革クーポン

  5. クルマは突然やってくる

  6. 印象も変わる 柱を液晶に LEDに

  7. 何でも貸します 何でも貸します …と連呼する看板

こちらも販売中

  1. 切り替えは「手」を振って 非接触型のデジタルサイネージ「INFOWAVE」

  2. 姿見サイネージ 鏡の代わりに 自分の後ろ姿もチェック

  3. 有名喫茶店があなたの街の物産館・会社のPR館に

  4. VR展示会開催ツール「Xexhibition」

  5. 明治通りから見える巨大広告「渋谷大畠ビルボード」

  6. 切り替えは「顔」の向きで 非接触型のデジタルサイネージ

  7. 癒しの演出に「Beach Mapping」