荷物ではなくオジさんふたりが登場

①Jimmy Dean
 (アメリカ。食料品販売会社)
②空港の荷物受取所。荷物を待ってる乗客。
③そこへオジさんふたりが出現。
④カバンには商品(サンドイッチ)が。

驚きのサンプリング。

日本での実現は難しいそうですが、
ビックリ、大笑いのインパクト大なプロモーション。

最近、地方の空港では回転寿司を模した
シティプロモーションが多いですが、

地方の銘菓会社が、
地元の空港で、社長自ら商品PRで…とか
いかがでしょうか?

参照元:https://vimeo.com/130179129

お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡ください。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. 傘のしずく ちゃーんと降って落としてね

  2. 自分のキーでもベンツに乗れる

  3. 打ったー どうだー? 入ったー ホームラン!

  4. レインボーなエスカレーター

  5. 検索でたどりつかない、本とアイデアを。

  6. ドライバーの心拍数に合わせて光るクルマ

  7. 髪型が自由自在になる文房具売り場

  1. 軽々とクルマを持ち上げる女性警察官

  2. ずーっと見つめられると食べたくなるラーメン

  3. サッカー!? ビリヤード!?

  4. 触れると音と映像が変わる絵画

  5. スマホとペーパークラフトで映画館体験

  6. デジタルなパラパラ時計

  7. いかがですか いかがですか 営業熱心な看板

こちらも販売中

  1. 常駐スタッフ不要で遊べる「勝手に遊んでサイネージ」

  2. 簡単にスケジュール変更 サイネージ管理システム「PSiGNAGE」

  3. 商品が空中に浮遊するディスプレイ什器「FLYvision」

  4. 「デジスポ」 デジタルで楽しむスポーツ7種目

  5. 切り替えは「顔」の向きで 非接触型のデジタルサイネージ

  6. 夏の風物詩「花火サイネージ」

  7. 2面使える 名古屋高速4号線沿い 「パーク山王 屋上広告塔」