結果を知りたくなるトリックアート

たぶん…
①Serviceplan Group(ドイツ 広告代理店)
②ブランディングPR。自社オフィス。
③ある1ヶ所に立つと企業メッセージが現れる。

ある1ヶ所から見ると、
絵・デザインといったクリエイティブが成り立つ…
一種の「トリックアート」ですね。

トリックアートの注意点は、
どこから見ても成り立つわけではなく、
ある1ヶ所からだけ見えますよ…という点。

ただ、このPRのように映像(動画)の場合、

えっ、何?と始めは思いますが、
自ら動くことで最後にクリエイティブがわかると、
なるほどね!と納得。

その成り立つまでの、どうなるの?という
知りたい気持ちが、最後のクリエイティブの訴求に
より強くプッシュできるのかもしれませんね。

自ら動き、その地点へ立った時に…の場合、

たとえば、
JR東京駅の京葉線へつながる長〜い通路。

歩く歩道を乗りながら壁を見てたら、
降りる間際に、「なるほどね!」と思うような
クリエイティブ・広告もオモシロそうですね。

なお、駐車場でのドライバーへの
注意喚起で使われた事例もあるようです。
これも訴求力ありそうですね。

参照元:https://youtu.be/w5zoqarQjd4

なお、『TrickArt(トリックアート)』とは、
株式会社エス・デーの登録商標です。

素材・機材の提案から企画作りのお手伝いまで。
お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡くださいませ。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. 巨大な「アムステルダム」

  2. 手で、ちゃ〜んと持ってますよ

  3. 絵本とスマホで楽しい読み語り

  4. ドライバーの頼りはスマホの映像

  5. 実家でみんなと晩ごはん バーチャンリアリティ

  6. ピタゴラスイッチな募金箱

  7. ドアを開けたらギターがジャガジャーン〜🎶

  1. 建物まるごと 巨大な牛乳パック

  2. 田舎女子高生 自虐的だけど思わず共感

  3. ゲームの結果次第でビジネスクラスにアップ

  4. 世界の売店 1か所に大集合

  5. このバッグは革のこの部分を使っています

  6. 女性の声に導かれるままに 触れると声がする壁

  7. 社員総出で作る巨大な人間クーポン

こちらも販売中

  1. 姿見サイネージ 鏡の代わりに 自分の後ろ姿もチェック

  2. 2面使える 名古屋高速4号線沿い 「パーク山王 屋上広告塔」

  3. 「デジスポ」 デジタルで楽しむスポーツ7種目

  4. 明治通りから見える巨大広告「渋谷大畠ビルボード」

  5. 常駐スタッフ不要で遊べる「勝手に遊んでサイネージ」

  6. 癒しの演出に「Beach Mapping」

  7. 呼び込みサイネージ 離れた場所からお客さまへ声かけ