結果を知りたくなるトリックアート

たぶん…
①Serviceplan Group(ドイツ 広告代理店)
②ブランディングPR。自社オフィス。
③ある1ヶ所に立つと企業メッセージが現れる。

ある1ヶ所から見ると、
絵・デザインといったクリエイティブが成り立つ…
一種の「トリックアート」ですね。

トリックアートの注意点は、
どこから見ても成り立つわけではなく、
ある1ヶ所からだけ見えますよ…という点。

ただ、このPRのように映像(動画)の場合、

えっ、何?と始めは思いますが、
自ら動くことで最後にクリエイティブがわかると、
なるほどね!と納得。

その成り立つまでの、どうなるの?という
知りたい気持ちが、最後のクリエイティブの訴求に
より強くプッシュできるのかもしれませんね。

自ら動き、その地点へ立った時に…の場合、

たとえば、
JR東京駅の京葉線へつながる長〜い通路。

歩く歩道を乗りながら壁を見てたら、
降りる間際に、「なるほどね!」と思うような
クリエイティブ・広告もオモシロそうですね。

なお、駐車場でのドライバーへの
注意喚起で使われた事例もあるようです。
これも訴求力ありそうですね。

参照元:https://youtu.be/w5zoqarQjd4

なお、『TrickArt(トリックアート)』とは、
株式会社エス・デーの登録商標です。

素材・機材の提案から企画作りのお手伝いまで。
お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡くださいませ。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. デコボコしているところでもウチの車は大丈夫

  2. 赤い風船でハッピーをおすそ分け

  3. キラキラ光る花火のポスター

  4. ドラクエのレベルアップ音が鳴る改札機

  5. ヒーローが守ってくれるシートベルト

  6. AIにできない変顔 職員採用ポスター

  7. 歩きスマホ専用レーン

  1. 地面にチョークでかわいいお声がけ

  2. ヘリコプターで自動車お届け

  3. 鮮度抜群 採りたてサイネージ

  4. 新聞紙もレスポンシブ!?

  5. やってみたい 巨大なテトリスとパックマン

  6. 何が現れる? 2度楽しめるAR

  7. 人の動きに合わせて動くペンギン450体

こちらも販売中

  1. 誰でもすぐ遊べる「神経衰弱」

  2. 「非接触」でマウス操作「INFOWAVE Air TOUCH」

  3. キューブ型LED 「Q-BIC VISION(キュービックビジョン)」

  4. 切り替えは「手」を振って 非接触型のデジタルサイネージ「INFOWAVE」

  5. 呼び込みサイネージ 離れた場所からお客さまへ声かけ

  6. 簡単にスケジュール変更 サイネージ管理システム「PSiGNAGE」

  7. 「デジスポ」 デジタルで楽しむスポーツ7種目