座席によってもらえるチョコの量が変化

①Anthon Berg
 (デンマーク チョコレートメーカー)
②コペンハーゲン空港。特別な機械が1台。
③自分の搭乗券をスキャンする。
 快適性などを踏まえ、
 もらえるチョコレートの量が変わる。

SeatGuru(座席情報サイト)とのコラボ。

飛行機の座席、当たりハズレありますよね。

当たり席には少なめのチョコを。
ハズレ席にはたくさんのチョコを。

露骨に差が出るけど、
もらえる方はうれしいですね。

たくさんもらえたら、
フライト時間も忘れちゃいそうかも。

参照元:https://www.youtube.com/watch?v=mA39KWNgip4

お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡ください。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. 先輩から後輩へ ARを通じてメッセージ

  2. チームや選手とともに デジタルなロッカールーム

  3. 銀座四丁目交差点に巨大クリスマスツリー

  4. 楽譜が読めなくても あなたは名指揮者

  5. 巨大UFO 青森に墜落

  6. 企業発祥の地の駅名看板を特別仕様に

  7. 何が現れる? 2度楽しめるAR

  1. 渋谷のモヤイ像ってこんなに小さかったっけ?

  2. 蹴ったー どうだー 入ったー!GOOOOAL!

  3. 部屋まるごと リアルタイムなプロジェクションマッピング

  4. シブヤの波を乗りこなせ

  5. 街なかに雪のゲレンデ

  6. 空港での手荷物ラッピングサービスは広告付き

  7. LED版のモグラ叩きゲーム

こちらも販売中

  1. 常駐スタッフ不要で遊べる「勝手に遊んでサイネージ」

  2. 社名サインに映像演出を 「COMPACT MAPPING」

  3. 左右どちらから見ても ずーっと続く鳥居

  4. つい飲みたくなる「ドリンクサイネージ」

  5. 癒しの演出に「Beach Mapping」

  6. 「デジスポ」 デジタルで楽しむスポーツ7種目

  7. 有名喫茶店があなたの街の物産館・会社のPR館に