ヴァーチャルな運転を紙上で体験

①アウディ。(ドイツ 自動車メーカー)
 カタログとスマホで運転を再現。
②専用アプリを立ち上げ、
 カタログにスマホを置く。
③押すたびにスマホと連動し、
 ヴァーチャルな運転席を再現。

カタログは、
①各種センサーが仕込まれている。
②導電性インクで印刷。
③スマホとはBluetoothで連動。

紙とスマホの連動モノ。
ARを、QRを…といろいろあるが、
センサーを仕込んで…ってあまり見かけない。

縁の下の力持ちのような部品を
作ってる会社や精密機器メーカーが
展示会で配布するパンフレットで…とか

体験型のパンフレットなら、持ち帰った後も
具体的な商品説明もできて、いいのかなと。


参照元:https://vimeo.com/123837573

お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡ください。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ記事

おすすめ① おすすめ②
  1. 巨大LEDスクリーンでサッカーゲームを体感

  2. 60秒で欲しいダウンジャケットをつかみ取れ

  3. 水中花のような看板

  4. うどん屋さんはこちら

  5. カーネルおじさんも夏休み

  1. テーブル型のタッチディスプレイを使ってプレゼン

  2. テイクアウトやテラス営業のための道路占用の許可基準を緩和

  3. 元素記号表のようなコインロッカー

  4. デコボコしているところでもウチの車は大丈夫

  5. ヴァーチャルな運転を紙上で体験

おすすめ商材

姿見サイネージ 鏡の代わりに 自分の後ろ姿もチェック
左右どちらから見ても ずーっと続く鳥居