大きくなりすぎた風船ガム

①タイのお菓子メーカー(?)。
 風船ガムの認知。
②ガム風船を模したバルーン。
③バルーンの下に小さな人形。

風船ガム、膨らましたら、
こんなに大きくなっちゃった…。

バルーンと人形で、わかりやすい表現ですよね。

出版会社や本屋さんが、本の購買促進目的に、

吹き出し型のバルーンと人形で
読書するとドンドンアイデアが膨らむよ
…みたいなプロモーションに使えそうでしょうか?

お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡ください。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. あのお店の紙袋がお財布に変身

  2. 頼りがいのあるSUV型のカラビナ

  3. 左右に歩くと向きが変わるメガネとクルマ

  4. 早く持って行かないと 氷でできたクーポン券

  5. 銀座四丁目交差点に巨大クリスマスツリー

  6. 女性を褒めちぎる鏡

  7. ここは障がい者用の駐車場です

  1. 道頓堀川が回転寿司に変身

  2. 大阪地下街にたくさんのミニオン登場

  3. 「ま~イ~カ」とリアルな顔ハメ看板

  4. 「福」が大きくなった駅名看板

  5. 黒ビールを注ぐと現れるQRコード

  6. カワイイ動物といっしょにソーシャルディスタンス

  7. 軽々とクルマを持ち上げる女性警察官

こちらも販売中

  1. 夏の風物詩「花火サイネージ」

  2. 切り替えは「顔」の向きで 非接触型のデジタルサイネージ

  3. キューブ型LED 「Q-BIC VISION(キュービックビジョン)」

  4. 呼び込みサイネージ 離れた場所からお客さまへ声かけ

  5. 切り替えは「手」を振って 非接触型のデジタルサイネージ「INFOWAVE」

  6. 左右どちらから見ても ずーっと続く鳥居

  7. 社名サインに映像演出を 「COMPACT MAPPING」