見る位置によって向きが変わるコンテンツ

①Parasite
 (パラサイト、フランス メガネブランド)。
たぶん…
②商品展示会。
 自社ブースに液晶ディスプレイを設置。
③見る角度によって、
 表示されるモデルの向きが変わり、
 メガネを左右からいろいろ見ることができる。

仕掛けは不明ですが、オモシロいですね。

Kinectを使い、見る人の位置を把握、
コンテンツの切り替えをしてるのかな?

このパラサイトというブランド。
とくにそのフレームの形状に特長があるので、
じっくり観察できますね。

見る角度により、
コンテンツが動く表示方法・見せ方。

ちょっと不思議感もあり、
より訴求効果がありそうですね。

参照元:https://vimeo.com/34078094

ちなみに、アナログ仕様ですが、
こちらもオモシロいですよ。

素材・機材の提案から企画作りのお手伝いまで。
お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡くださいませ。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. 「こち亀」でJR亀有駅を広告ジャック

  2. 街なかに巨大な旅行かばん

  3. 「もちろん私は美人よ」 美人は食事が無料

  4. 見えない歴史が現れる

  5. 着いたり消えたり 光るシーソー

  6. ノリノリなバンド用の顔出し看板

  7. 暑い日には冷たい飲みものを

  1. 移動可能な大型ショーケース

  2. ひげを抜いたらバラの花

  3. スティックを降ったらツリーがキラキラ

  4. 「超難解折り紙」 出来上がりは黒いアイツ

  5. サッカー!? ビリヤード!?

  6. 4DXシアターで新車の試乗体験

  7. マーライオンもARでお出迎え

こちらも販売中

  1. 2面使える 名古屋高速4号線沿い 「パーク山王 屋上広告塔」

  2. 呼び込みサイネージ 離れた場所からお客さまへ声かけ

  3. 切り替えは「顔」の向きで 非接触型のデジタルサイネージ

  4. クルマの中も安心!ポリカーボネート製飛沫防止板

  5. 「非接触」でマウス操作「INFOWAVE Air TOUCH」

  6. 画角サイズが異なるサイネージも一括管理「P-SIGNAGE」

  7. 商品が空中に浮遊するディスプレイ什器「FLYvision」