見る位置によって向きが変わるコンテンツ

①Parasite
 (パラサイト、フランス メガネブランド)。
たぶん…
②商品展示会。
 自社ブースに液晶ディスプレイを設置。
③見る角度によって、
 表示されるモデルの向きが変わり、
 メガネを左右からいろいろ見ることができる。

仕掛けは不明ですが、オモシロいですね。

Kinectを使い、見る人の位置を把握、
コンテンツの切り替えをしてるのかな?

このパラサイトというブランド。
とくにそのフレームの形状に特長があるので、
じっくり観察できますね。

見る角度により、
コンテンツが動く表示方法・見せ方。

ちょっと不思議感もあり、
より訴求効果がありそうですね。

参照元:https://vimeo.com/34078094

ちなみに、アナログ仕様ですが、
こちらもオモシロいですよ。

素材・機材の提案から企画作りのお手伝いまで。
お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡くださいませ。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ記事

おすすめ① おすすめ②
  1. 商店街の七夕まつりを彩る長さ50mの巨大短冊

  2. 威勢のいい市場でおいしいジュースはいかが

  3. ライバル店の前でお店開き

  4. デコボコしているところでもウチの車は大丈夫

  5. パウダールームにミラーボール

  1. 重さが1トンのクーポン

  2. メガネがサングラスに変わるポスター

  3. 夜の動物園で待ってるよ〜

  4. VRでスキージャンプ

  5. 160台のキーボードで出来た巨大ディスプレイ

おすすめ商材

姿見サイネージ 鏡の代わりに 自分の後ろ姿もチェック
左右どちらから見ても ずーっと続く鳥居