巨大な顔 梅田地下街に出現

①大阪「まちなか文楽展」の認知。
②梅田地下街に
 巨大な文楽の人形の頭部分が登場。

文楽に馴染みにない人にも目をひく大きさ。

えっ、なになに!?…と思いながらも
写メを撮る人がたくさんいそうな感じがします。

実際に見たら、迫力ありそうですね。


参照元:https://youtu.be/ysOkEGdW-F8

お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡ください。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. 改札そばに地元高校生へ応援メッセージ

  2. トレーのチラシがキーボードに変身

  3. 来たのはタクシーではなく大型トラック

  4. 駅もまるごとジーンズ

  5. 田舎女子高生 自虐的だけど思わず共感

  6. タックルするとビールが出てくる自販機

  7. 入場料は「ロン毛」 メタルが子どもを救う

  1. マグロが 飛行機が いろいろはみ出た柱巻き広告

  2. ボールを蹴って 賞品ゲット

  3. 音楽が聴ける看板 その数3,500万曲

  4. デジタルな水鉄砲

  5. 巨大こけし 立ったり横になったり

  6. アナログ感満載のスーパーマリオ

  7. ご覧の通り ウチの車は難なく登れます

こちらも販売中

  1. VR展示会開催ツール「Xexhibition」

  2. 誰でもすぐ遊べる「神経衰弱」

  3. つい飲みたくなる「ドリンクサイネージ」

  4. 介護・福祉関連の販促PRに 介護タクシーメディア

  5. 2面使える 名古屋高速4号線沿い 「パーク山王 屋上広告塔」

  6. 常駐スタッフ不要で遊べる「勝手に遊んでサイネージ」

  7. 明治通りから見える巨大広告「渋谷大畠ビルボード」