何が現れる? 2度楽しめるAR

①子ども向きの参加型AR。
②大きな立方体の箱が9個。
各面には異なるデザイン。
③それをみんなで組み合わせ、
1つのデザインを作る。(ARのトリガー)
④そのデザインを読み取り、
大きなディスプレイにコンテンツが表示される。

カメラでマーカーとなるものを読み取り、
ディスプレイにコンテンツを表示させる点は
普通のARといっしょですが、

マーカー(この場合、デザイン)を
子どもみんなで作り、

何が現れるのかは、お楽しみ…という
2回楽しめる点がいいですね。

商業施設での
夏休み親子イベントにいかがでしょうか?

なお、同じような仕組みの提案は可能です。


参照元:https://www.youtube.com/watch?v=uWu9Z9EEzhE

お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでお申し付けください。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ記事

おすすめ① おすすめ②
  1. 猫の食いつきがいいDM

  2. タバコが吸えるタクシー 車両は霊柩車ですが

  3. 思わずニッコリするベンチ

  4. ネオン+LED=メガネ美人

  5. ウチの商品は国産品100%だよ〜

  1. 座席は詰めてスワローズ

  2. あくびの口の大きさと同じサイズのハンバーガー

  3. 各地のシンボルがいろんな色に変身

  4. 坂道も楽々 駆けぬける迫力

  5. 歩きスマホ専用レーン

おすすめ商材

姿見サイネージ 鏡の代わりに 自分の後ろ姿もチェック
左右どちらから見ても ずーっと続く鳥居