何が現れる? 2度楽しめるAR

①子ども向きの参加型AR。
②大きな立方体の箱が9個。
各面には異なるデザイン。
③それをみんなで組み合わせ、
1つのデザインを作る。(ARのトリガー)
④そのデザインを読み取り、
大きなディスプレイにコンテンツが表示される。

カメラでマーカーとなるものを読み取り、
ディスプレイにコンテンツを表示させる点は
普通のARといっしょですが、

マーカー(この場合、デザイン)を
子どもみんなで作り、

何が現れるのかは、お楽しみ…という
2回楽しめる点がいいですね。

商業施設での
夏休み親子イベントにいかがでしょうか?

なお、同じような仕組みの提案は可能です。

参照元:https://www.youtube.com/watch?v=uWu9Z9EEzhE

お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでお申し付けください。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. 水上に大きな映像を ウォータープロジェクション

  2. QBからのパスをキャッチしろ

  3. 喫煙者のそばで 咳き込む看板

  4. 水中花のような看板

  5. 建物が ビールサーバーが スロットマシンに変身

  6. 十戒のようなショーウィンドウ

  7. ナポレオンもマスク姿

  1. スポーツアパレルも 夜には特に目立つネオン

  2. 線だけで描かれた男と女

  3. ペーパークラフトとマッピングでロマンティックな物語

  4. 飲んだら乗るな 飲んだらタクシー

  5. ブラックコーヒーだから お店も真っ黒

  6. ビジネスクラスのシートもリサイクル

  7. 車間距離をドライバーが体感できるバス広告

こちらも販売中

  1. 左右どちらから見ても ずーっと続く鳥居

  2. 商品が空中に浮遊するディスプレイ什器「FLYvision」

  3. 有名喫茶店があなたの街の物産館・会社のPR館に

  4. 夏の風物詩「花火サイネージ」

  5. 社名サインに映像演出を 「COMPACT MAPPING」

  6. 癒しの演出に「Beach Mapping」

  7. 切り替えは「手」を振って 非接触型のデジタルサイネージ「INFOWAVE」