つい行っちゃいそう 3つの看板でお店へ誘導

①京都駅ビルレストラン街(京都市)
②JR京都駅烏丸口に3つの看板。
③京都中央郵便局の方へ
 歩いて行くと、並び立つ2つの看板。
④その前を道なりに左を向くと
 ダメ出しのように正面に大きな看板。

わかった瞬間、
やられた〜って思った3つの看板。

普段、何気なく使う言葉でレストラン街へ誘導。

並び立つ看板は、
「昼ごはんどうする?」
「帰りによってね。」

そして、ダメ出しの大きな看板には、
「なんか食べて帰ろう!」

それぞれ、
ひとつでもクリエイティブが成り立ってますが

3つ揃うことで、
より強調され、ストーリー性を兼ね備える3つの看板。

ついつい、そうしようか!?って思ってしまいそうです。

「←」に加え、言葉ひとつで、
気づき・その気にさせる誘導看板。

ほかの街・建物内の店舗への誘導目的にも
応用できますね。

歩いていると、
3つの看板でお店へ誘導

そして左を向くと、
3つの看板でお店へ誘導

全景・位置関係は、
3つの看板でお店へ誘導

参照元:https://youtu.be/6Xw9UbotcxA

素材・機材の提案から企画作りのお手伝いまで。
お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡くださいませ。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. ひげを抜いたらバラの花

  2. ハープの演奏に連動して輝く吊り橋

  3. 好きな場所・タイミングに試乗車お届け

  4. 窓ガラスがスピーカーに変身

  5. 駅の壁からカバのタロー

  6. 不動産会社が試合会場の年間シートを販売

  7. 空きビンと引き換えにショータイムを鑑賞

  1. 音楽に合わせ点灯するイルミネーション

  2. 別府駅の駅名看板からモクモク湯煙

  3. 本物の「トラ」が一日店長

  4. ついつい見入ってしまう iPadを使ったプレゼン

  5. 名古屋の人は金色がお好き!?

  6. 水に強い腕時計

  7. テニス教室の看板はテニスボール

こちらも販売中

  1. 呼び込みサイネージ 離れた場所からお客さまへ声かけ

  2. 商品が空中に浮遊するディスプレイ什器「FLYvision」

  3. つい飲みたくなる「ドリンクサイネージ」

  4. 簡単にスケジュール変更 サイネージ管理システム「PSiGNAGE」

  5. 有名喫茶店があなたの街の物産館・会社のPR館に

  6. 左右どちらから見ても ずーっと続く鳥居

  7. 切り替えは「顔」の向きで 非接触型のデジタルサイネージ