点いたり消えたり LED電球の実照広告

①パナソニック(日本 電機メーカー)。
②新宿駅地下通路。
 LED電球を実際に点灯させる。
③まるで、ドラえもんが
 スイッチを操作してるかのように。

実物を使っての品質訴求。
わかりやすいですよね。

ドラえもんがやってると、親しみ感も湧き、

巨大な点灯スイッチも
カチカチ鳴りながら動くので、
思わず、なに!?って、なりそうです。
(音って大事ですね)



参照元:https://www.youtube.com/watch?v=mdwQITXLzIM

お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでご連絡ください。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. ガンバレ ガンバレ 人間モグラたたき

  2. 赤信号で停車中のクルマへ訴求

  3. 壁からテーブルまで ぜーんぶタッチで遊べるお店

  4. 車間距離をドライバーが体感できるバス広告

  5. 豚さんにスマホでリンゴをあげよう

  6. タブレットで作る虹

  7. ヘルメットをかぶったら そのままVR体験

  1. VRでスキージャンプ

  2. 魔法の水で注意喚起

  3. 触れると音と映像が変わる絵画

  4. ドライバーの頼りはスマホの映像

  5. ジャケ買いのように楽しめる巨大なディスプレイ

  6. 一番早いのは誰だ 自転車の空気入れ競争

  7. ワンショットで決めろ

こちらも販売中

  1. VR展示会開催ツール「Xexhibition」

  2. キューブ型LED 「Q-BIC VISION(キュービックビジョン)」

  3. 簡単にスケジュール変更 サイネージ管理システム「PSiGNAGE」

  4. 社名サインに映像演出を 「COMPACT MAPPING」

  5. 呼び込みサイネージ 離れた場所からお客さまへ声かけ

  6. 商品が空中に浮遊するディスプレイ什器「FLYvision」

  7. 常駐スタッフ不要で遊べる「勝手に遊んでサイネージ」