立つんだ熊本ジョー

①熊本市。
②熊本地震(2016)で被害をうけた熊本城。
③その復旧工事および
 観光客誘客キャンペーンの一環。
④マンガ「あしたのジョー」の
 有名なセリフにかけたひと言。

企画やねた作りの際、
困ったときにはダジャレを…とよく言いますが、

熊本市内で見た瞬間、
「ホント、そう!」と思ったキャッチコピーです。

わかりやすく、明るく前向きな響きですよね。

地震翌年、熊本市内を
訪れた観光客は前年より18%減少したそうです。

復旧工事は約20年とのこと。
早く勇壮な姿を見せて欲しいですね。
「立つんだ熊本ジョー」

お困りのことがございましたら、
お気軽にこちらまでお申し付けください。

こちらの事例もおすすめです。

おすすめ事例

おすすめ① おすすめ②
  1. フォトスポットにもなるベンチ

  2. 電車だったけ? エレベーターのはずだけど

  3. 闘病中の子どもに外の世界をVRで

  4. シャケの切り身が泳いでた?

  5. 街なかに巨大な旅行かばん

  6. ライバル店の前でお店開き

  7. スタバの天井からスパイダーマン

  1. 縦にも横にも伸び〜る素材

  2. 中から外が丸見えのトイレ

  3. 38度になるとアイスが食べれるよ〜

  4. 「真っ白ワイシャツ」でウチはお返し

  5. 空きビンと引き換えにショータイムを鑑賞

  6. 商品棚が家庭菜園に もぎたての野菜はいかが

  7. いくらでもたくさーん積めるクルマ

こちらも販売中

  1. 商品が空中に浮遊するディスプレイ什器「FLYvision」

  2. 切り替えは「手」を振って 非接触型のデジタルサイネージ「INFOWAVE」

  3. 左右どちらから見ても ずーっと続く鳥居

  4. 介護・福祉関連の販促PRに 介護タクシーメディア

  5. 切り替えは「顔」の向きで 非接触型のデジタルサイネージ

  6. 癒しの演出に「Beach Mapping」

  7. 呼び込みサイネージ 離れた場所からお客さまへ声かけ